再生科学研究所

SP Menu

美容成分 |

成分

お肌を整えたりうるおいを与える成分はもちろんのこと、成分同士の相乗性も考え、厳しく選定した成分のみを配合しております。本ページでは、中でも代表的な成分をご紹介します。

EGF*1、FGF*2

EGF*1は53個のアミノ酸から形成される一種のタンパク質です。年齢を重ねるに従って減っていくといわれるEGF*1等を補い、お肌を整え、なめらかさを保ちます。

EGF*1、FGF*2

コウジ酸

かねてから酒造りを行う杜氏(とうじ)の手は美しいといわれてきました。
その美しい手には「麹」が関係しているといわれ、その麹菌の発酵過程で生まれる発酵代謝物「コウジ酸」を化粧品に配合しました。お肌にハリとツヤを与えます。

コウジ酸

ナールスゲン®*3

京都大学と大阪市立大学の共同研究により生まれたナールスゲン®*3は、お肌本来の環境を整えながら水分バランスを保ち、もっちりとしたハリを与えます。
さらに、分子量が非常に小さい成分のため、お肌のすみずみまで浸透します。*4

ナールスゲン
ナールスゲン

①通常のコラーゲン:分子量約10万〜40万
②低分子コラーゲン:分子量約500〜3,000
③ナールスゲン®*3:分子量約331

ナールスゲン

ナールスゲン

リンゴ幹細胞エキス*5

枝から切り離しても、4ヶ月間腐らないというスイスに数本しか植栽されていない
絶滅危惧種の「ウトピラー・スパトラウバー」という希少種のリンゴから培養した幹細胞エキスを使用しています。
お肌の環境を整えて、ハリを与えます。

リンゴ幹細胞エキス

*1-ヒトオリゴペプチド-1 / ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1 *2-ヒトオリゴペプチド-13 / ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11 *3 カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル(京大桂ベンチャープラザ・(株)ナールス・コーポレーション製) *4-角質層まで *5リンゴ果実培養細胞エキス ※全ての製品に配合されている訳ではございません。詳しくは製品詳細ページをご確認ください。 ※画像・イラストは全てイメージです。