再生科学研究所

製品のご購入はこちら
Column

夏だけじゃない、日焼け止めと紫外線

紫外線、夏だけだと思っていませんか?

お肌の大敵である「紫外線」、気になりますよね。紫外線は夏だけではなく、日差しが弱い秋冬でももちろん降り注いでいます。夏場は日焼け対策に力をいれていても、秋冬になるとついつい緩みがち…という方も多いのでは?秋~初冬は乾燥でお肌がダメージを受ける敏感な季節ですので、夏に引き続きしっかりとした紫外線対策が必要です。

冬の紫外線で、夏以上にダメージが高まる可能性も

スキーなどのウィンタースポーツシーンでは、雪面に日差しが反射するため、夏場と同等、もしくはそれ以上に紫外線を浴びてしまうことも…。もちろんウィンタースポーツだけでなく、趣味でランニングをしている方も要注意。

夏場は太陽の位置が高く、紫外線は真上から降り注ぎますが、秋から冬は太陽の位置が低くなるので紫外線は横方向から広く当たってしまうので、顔全体が紫外線を浴びてしまい夏場以上のシミになってしまうこともあります。

秋冬は”お肌の乾燥”と”紫外線”に注意」

日本の気候はSPF16、PA+で十分だといわれており、日焼け止めによってはSPFやPAが強いものもあります。秋冬になり乾燥が進むと、お肌のバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れてしまいます。トラブルを起こした肌に、更に紫外線を浴びることで、深刻なお肌トラブルに発展してしまう場合があります。

日焼け止めクリーム選びの際は成分をチェックして「乾燥対策」と「紫外線対策」を両立させたものを選んで、デリケートな秋冬のお肌を守りましょう。

”紫外線吸収剤”と”紫外線散乱剤”の違い

日焼け止めには大きく分けて2種類あります。「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」です。名前の通り「紫外線吸収剤」とは紫外線を吸収して、散らします。「紫外線散乱剤」とは紫外線を鏡のように完璧に跳ね返します。吸収するより、跳ね返してくれた方が良いですよね。更に、紫外線吸収剤を使用している日焼け止めには”紫外線防止剤”という成分が含まれており、その成分がお肌の上で化学反応がおこる事があるので敏感肌の方には要注意です。

逆に「紫外線散乱剤」は紫外線を防止しながら紫外線ダメージを軽減することでお肌を守ってくれる為、敏感肌の方にもおすすめです。

~ちょっとお耳に入れたい情報~

美容液、UV効果、化粧下地、そんな3つを兼ね備えた化粧下地美容液「DDS スキンケア UV プレミアム」をご紹介。

DDS スキンケア UV プレミアム」は今月新発売の新製品です。化粧下地美容液にUV効果がプラスされ、美容液成分が73%保湿成分、水を含むも入っているので、ベタつかず軽い伸びで白浮きしにくい為とても使用しやすいテクスチャーとなっております。メイク中の本格スキンケアを叶えます。更にこちらの製品、紫外線散乱剤を使用しているのでお肌への負担を減らして紫外線のダメージを防いでくれます!保湿美容液感覚でもお使い頂けますので、お肌の乾燥が気になるこの秋冬に、是非一度お試しください!